行信・シマブクロで地面を最終決定とコントロールと回答

ここで空手先生シマブクロのフランス人連合会が発表された映像は、 :

シーケンスの説明

ときに二つの配列, 行信・シマブクロが表示され、様々なトレーニングのトピックを提供しています :
> 両腕で攻撃をコントロール 保護を強化します.
> 旅行を使用してください より良い打撃を吸収します.
> 位置を不安定 そして、彼のパートナーの意向.
> テイクダウンをチェック 彼のパートナーを押収か把握.
> ハードな方法を守ります キーストロークを遮断することにより、または柔軟に逸脱へ.

最初のシリーズ : 一方の脚のエントリにテイクダウン
パートナーは前脚から直接キックで活動を行ってい, 身体に回し蹴りが続きます. 行信・シマブクロは最初に反応します, 制御し、その第1の脚キックに折り返さでブロッキング. 第二の攻撃, 彼はすぐに戻って小さな撤退を作り、足をつかん. なお、第2の側の慣性と脚部を折り曲げるための入力変位を使用して回転を行います. このコントロールは、腹がダウンしている彼のパートナーのテイクダウンを容易に. YukinobuShimabukuroは足を保持し続け、ダウンハイヒールのストライキで確定します.

第二シリーズ : 攻撃を偏向させるためのパスの吸収, スキャンとキーが続きます
行信・シマブクロは、ブロッキング同時攻撃との第一の脚部を制御します. 第二キックで, ハンドル軌道を把握しながら、それは総撤退と偏向する機会を吸収します. 相手が戻って反射され、不安定化. 行信・シマブクロは、内部スキャンでその作業を継続します. 一度地面に, それはarmbarを実行し、ハンマーで終了します.

記事元 : http://lemag.ffkarate.fr/technique-expert-japon-karate-uechi-ryu-controle-ripostes-sol-yukinobu-shimabukuro/

 

返信を残します

メニュー